豚インフルエンザ フェーズ5

昨日の時点でWHOは豚インフルエンザの警戒度をフェーズ5まで上げた。

しかし依然としてアメリカ国内で死者は出ていない。メキシコでは100名を軽く越えているのに,メキシコと他の国の違いが何であるかは見えて来ない。これは衛生環境があまり良くない国へ感染が拡大した時に分かってくるかもしれない。

アメリカでは州ごとに感染者をカウントしている。こちらではcase,と言う。10人の感染者が確認されれば10casesとなる。
一番多いのはNY州。現状で確認されているだけで50名もいる。全体の半分近く。
それ以外はメキシコから国境をまたいだカリフォルニアやテキサスが順当に感染者数を増やしている。NY州の感染者が多いのは若い学生がお金持ちが多い地域でメキシコに集団で旅行に行ってインフルエンザにかかっていることから,今回の感染も若年層に比較的発症するものかもしれない。

とは言え基本的にみんなが快方に向かっているようなのでまあ,開き直れば早めにかかっておいて免疫を付けた方が良い様な感じ。人々の生活は話の種にはなるが劇的に変わるという感じでは全くない。

弱毒性のインフルエンザでとりあえず皆訓練になっている,と言った位か。でも強毒性が発生した時に甘く見ちゃうかもしれないな。いずれにせよ強毒性は可能性としてはアジアの方が高いような気もするが。