本日のアメリカのニュース(愛国心の宣誓)

フロリダ州でThe Pledge of Allegianceを公立の学校で毎日復唱するという州法を制定したが,連邦最高裁はこの妥当性の判断を拒絶した。
The Pledge of Allegianceとは,Wikiによると,アメリカへの忠誠を宣誓するもので,愛国心を育てるような部類のものか。
日本で言うと君が代斉唱問題ということになるが,似たようなことはこちらでもあると言うこと。フロリダの高校で,この復唱を拒否した学生が数学の授業中退席させられ,これを違憲であるとしてこの学生側が上告していたが,最高裁はこれを却下した。

一方で1943年には学校の生徒が国旗に敬意を示し宣誓を行う義務はない,と言う判決が下されており,それと対立するものとなる。

ただし今回のフロリダの法律においては,復唱を拒否する場合は保護者の申請書類があれば良いとしており,微妙な違いがあるか。

一般的に日本人は愛国心が薄い,と言う気がするが,アメリカ人は排他的な位愛国心が強いと思う。その差が反映されているのかも。