本日のアメリカのニュース(トカゲ密輸,医療保険上院審議開始)

ロスアンゼルスの入国審査において,十数匹のもがくトカゲを自分の胸に固定して密輸をはかった40歳の男が逮捕された。
ベルトの財布の所にトカゲが押し込んであるのを見付けられたとのこと。およそ8,500ドルの価値を有していたとされる。
アメリカの審査ってかなり適当なので,氷山の一角なんだろうな。基本的に外観で不審かどうか決まる。偉そうな態度じゃないか,おどおどしてないかと言ったことで判断するので,非常に浅い。それ以上は分からんものはしょーがねーじゃん,機械で何とかしてよ。と言うスタンス。


医療保険の上院審議が始まった。審議を開始するにも採決が必要なようで,60/100票を取って何とか無事通過した。
穏健派といわれる民主党の上院議員は,それでもこの法案の反対にまわる可能性があり,Sen. Joe Lieberman, a Connecticut independent, Sens. Ben Nelson of Nebraska, Mary Landrieu of Louisiana and Blanche Lincoln of Arkansasの4名は,本法案により税金が上がったり,負担が増える場合には賛成しない,というスタンス。
まだまだ道は険しいと思うが,ここまで成算がある状況には未だかつてなったことは無かったのではないか。国民皆保険の制度は大きな政府として問題はあるだろうが,決して悪いことではない。一方でこのシステムを採用している日本は,生産者人口の減少によりかなり破綻しかかっている・・・。アメリカは移民が多く生産者人口も結構いるとは言え,日雇い労働者みたいのがかなり多いので,機能するのか良く分からん。ていうかアメリカ人ですら誰も分かっていない。こっちの人々はシステムを深くまで理解する気が無い様で,メディアでもそこまで説明することはめったにお目にかからず,ただ対立している状況やオバマ大統領の動静を伝えているだけ,と言う感じ。システムを複雑にすることは変革の妨げになる,と日本は以前アメリカから圧力受けていた気がするけど。