本日のニュース(スッチーの喧嘩でフライトキャンセル)

この冬は大雪が色んな所で降ったので,空港の飛行機のキャンセルが結構相次いだ様に思える。中には予報だけで既に前の日からフライトキャンセルを決定する所もあった。

そんな中でNY州のロチェスター空港において,フライトがキャンセルされたのだが,その理由が「フライトアテンダント同士の喧嘩」ということが起こった。

数十人の乗客が飛行機に一回乗り込んだらしいが,「スチュワーデスが喧嘩しているので」一旦飛行機を降りるように指示され,そのままキャンセルとなった。

具体的な喧嘩の内容等詳細はニュースではまだ伝えられていない。

乗客の方は代替のフライトを探す破目になって散々だったとのこと。デルタ航空の子会社か何かが運航している便であった。
現在彼女らは職を解かれ原因の調査中とのこと。

こんな人と一緒に同じ飛行機に乗るなんて絶対嫌!,と言って人員のやり繰りがつかなかったのかも。何があったか分からないけれど,上司である機長の指示にも従わず何らかの意志を貫いたというのは,アメリカの女性の強さなのかしら。どこの国でもオバちゃんは強いけれど。