本日のニュース(メキシコ湾での原油流出)

メキシコ湾,フロリダの南西あたりで海上にある原油採掘施設からの油漏れがとまらない。

4月20日に設備での爆発があってから,原油メーカーであるBPは油漏れを止めようと何度か試みているものの,根本的な解決には至っていない。
オバマ大統領は記者会見において,政府も3回にわたって本問題を解決できなかったミスを犯した,と話した。

・このような油漏れを防ぐような機構が,問題が発生する前に講じられていなかったことに気付かなかった点
・油漏れが発生した後に,企業との連携が迅速になされず,被害の拡大を招いていること
・海に流出している原油の量が,BPが発表しているよりもおよそ3倍も多い,一日12000-19000バレル(1700-2700t)にも及ぶことを知らなかったこと

タンカー1台の石油搭載量は,マンモスタンカーで50万トンというから,かなりザクッとイメージで言うとその15%分の石油がメキシコ湾を覆っていることになる。

オバマ大統領は,本問題の長期化の責任を自分にあるとし,現在チームを組んで日夜解決に取組んでいると言う。とりわけ娘のMaliaも,父親に向かって石油漏れの穴を塞ぐことは出来たの?と朝の準備の時間に聞かれたと言う。

一方でBPはもうすぐ新たな対策を講じる予定で,オバマがこれを見て行けると踏んで,このようなタイミングで会見における態度の表明を行ったのか,という意地悪い見方も私は勝手にしている。

今後の成り行きを引続き見て行きたい。

本日のアメリカのニュース(中間選挙候補の学歴詐称)

近々行われるアメリカ上院議員選の民主党の有力候補だったコネチカットの弁護士が,ニューヨークタイムズに服役していなかったベトナム戦争に行ったかのような発言をしていた,とすっぱ抜かれ,苦境に立たされているらしい。

いわゆる学歴詐称,と言う所だが,軍隊の実績が選挙でのアピールとして有効であると言うところが,愛国者国家アメリカらしい。日本で自衛隊に居ました,と言われるとかえって評判を落とす所であるが。

かようにアメリカ人の軍人に対する賞賛は礼儀として常識である。テレビコマーシャルでは時々チョコレートメーカーとかですら帰ってきた兵士への労いのコメントをはさむ。ニュースでも久しぶりに自分の家へ戻る兵士が家族と抱き合って目に涙を浮かべる様を好意的に敬意を持って報道する。
飛行機に乗った時にも,しばしば兵士が軍の制服(兵卒の)を着たままで移動中のことがあり,必ずと言って良いほど飛行機が目的地に着いた際のアナウンスで,「日々のお勤めご苦労様」的な感謝のコメントと,それに続く乗客からの万雷の拍手が巻き起こる。

戦争をすることに反対するアメリカ人も多いが,それとこれとは別で,国家の要請により我々のために犠牲を払ってでも厳しい仕事を続けてくれている,と言うことに頭を垂れているのである。

そんな国にあって,軍歴を良い方に偽ることは,アメリカ人にとって結構許せないことだと思われる。

彼が今後予定通り立候補まで進むのか,もし候補となっても共和党の候補に対抗できるのか,成り行きを見守って行きたい

アメリカのニュース(タイムズスクエアーでの爆弾テロ未遂)

NYタイムズスクエアーで,日産のSUV車に爆弾が仕掛けられ,未遂に終わった事件で,パキスタンから来た米国人が拘束され裁判所にて審理される。

この30歳の男は土曜日の6時頃に発券されたテロ未遂の件でFBIにより月曜日に拘束された。アメリカの監視カメラやネット等でのモニター管理はもの凄いので,こんなに早くつかまったのだろうとは思う。こちらに来て驚くのは,電話が自動的に掛かってくる,あるいはかけると自動音声で応答し,こちらがしゃべる言葉を認識して自動的に振り分けることが相当普及している,と言うことである。裏を返すと電話の盗聴の精度が非常に上がっていて,音声である決められた言葉を発するとその後は自動的にその通話が録音されることになっている,と言う話もうなづける。電話で空港の名前を言うと,自動で判別されてその空港の発着状況が分かるんだからその精度は推して量るべし。

さて話は元に戻るが,月曜日にこの容疑者はJFKからドバイへ飛行機でアメリカを離れようとした際に空港で拘束されたとのこと。2009年の4月にアメリカの市民権を認められたがその際には犯罪歴はなかった。この車は3週間前に知人からこの男が買ったもので,テロ未遂が発見された際にはID番号は取り去られていた。しかしエンジンに同様の識別番号があり,これに基づいて被疑者が特定された。この男は知らない人に売った,と供述しているらしい。

この日は丁度タイムズスクエアーの下の方を夕方車で通っていたが,まだ6時前だったのでそういうことに巻き込まれることはなかった。が,もし巻き込まれると,マンハッタンから出るための橋やトンネルが更にえらい混んでいたに違いない。今後このエリアは開放されはするものの,警官が更に沢山増えたり監視カメラがかなり増えたりするんだろうな。

テロとは科学技術の発展に伴って,そして貧富の差の拡大に伴って,手の付けられない状況が加速する。
宗教の対立による狂信なのか,あるいは宗教を含めた倫理の喪失あるいは多様化による堕落への嫌悪なのか。
恐らく世界的な閉塞感,先行きの暗さがいくばくかの原因になっているのに違いない。

アメリカのニュース(外来種 鯉)

アジアの鯉がアメリカで大繁殖して,このところこちらでは大問題になっている。
日本で言う琵琶湖のブラックバスと同じ状況である。

しかも害をこうむっているのはアメリカ最大の湖である五大湖であり,シカゴの辺りまで鯉が川を北上しており,人工の運河によりミシガン湖へ通じている。
ここの水門を閉鎖して,これ以上の鯉による漁業への被害を食い止めたいと,五大湖周辺の州が揃って最高裁判所に訴えを起こしたが,最高裁判所は本件については判断を避け,訴えを却下した。

もともと南部で鯉を養殖し害虫駆除に役立つと思って導入したらしいが,これが養殖エリアから一般の河川に逃走し,北上してとうとう五大湖にまで到達してしまったらしい。

日本では別の魚の害になるほどひどい報告は聞いていないけど、何故アメリカでそんなに強大化しちゃったのだろう。お魚はアメリカの方が軟弱なのかしら。

よくわからないけど,グローバル化の害がここにも発生している。