テーマ:健康

本日のニュース(オバマ大統領 医療保険改革案 可決)

昨日の夜遅くに,医療保険制度改革案が下院で賛成多数で可決された。 上院では既にこの法案は可決されており,長い道のりを経てきたが,ギリギリの僅差で法案はオバマ大統領の元に送られ,サイン後に実施されることになる。 これによりオバマの指導力は再度評価され,これまで誰もなしえなかった医療改革を達成した歴史的な大統領として,今後の支持率に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間ドック in NY

本日は人間ドックに行ってきた。 NYに東京海上の病院があるので,そこでどんなもんかやってみようと言うことで申し込んでおいた。 人間ドックというパッケージの検査形態は日本特有のもので,アメリカのように多様なニーズ(というか自己責任において自分がやりたいようにしかやらない)のある国では,流行らないのだろう。 基本的に東京海上の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(自殺大学)

ニューヨーク州のコーネル大学では,ここ半年で6人が自殺をしている。秋学期に3名,2月に1名,そして先週は立て続けに2名が橋から飛び降り自殺をした。 この騒ぎで大学内は騒然となっており,学長はメールで学生にメッセージを発信したらしい。 一方でこの大学では1990年代に自殺者が相次いだことからマスコミに取り上げられ,自殺大学とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(帝王切開による出産)

アメリカでは,いまや3人に1人の割合で出産は帝王切開(C-Section)で行われているという。 日本ではおよそ2割前後らしい。それでも思ったよりは多い気もする。 一度帝王切開をしたら,次の子も同じように帝王切開が普通のようで,アメリカでは9割が「リピーター」となっている。 しかしながら15年前には7割程度だったらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(オバマ大統領 医療保険サミット)

オバマ大統領は木曜日に民主党と共和党のリーダーをホワイトハウスに呼んで,医療保険制度の成立に向けた交渉を行う。 これに先立って世論調査を行った所,この協議において状況が打開されると感じているのはアメリカ国民のわずか2割に過ぎないことが分かった。 また,民主党が先に上下院のそれぞれで個別に通過させた法案の一本化による立法化に4割ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(ホットドックの安全規制)

アメリカではホットドックが体に余り良くない,と言って批判的な栄養士もいる。塩分が多い,保存料が多いだのということで。 そんな中で小児科協会は今度はホットドックに注意書きのラベルを貼っておくよう要求している。子供がのどに詰まらせないように。 アメリカでは毎年1万件ものどに物を詰まらせて病院に運ばれるケースが起きており,その内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(上院での医療保険)

コネチカット州出身民主党上院議員のLiebermanは,医療保険改革において保険が適用されていない人々にその適用を受けさせることになれば,法案に反対するとの考えを明らかにした。上院では法案をクリスマスまでに可決したいと考えている民主党議員達ではあるが,そのためには60議席が必要で一人の欠けも許されない状況。そんな中でLiebermanの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(インフルエンザ一服)

政府の役人が木曜日に発表したところによると,アメリカ内で新型インフルエンザには5千万人に感染し,1万人の死者が出たとのこと。その多くが子供や若者に発症している。また20万人が入院しこれは昨年のインフルエンザで3月までに発生した数とほぼ同じである。 死者のうちの1000人が18歳以下であり,通常のインフルエンザは80人程度だと言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(Food Bank)

アメリカにはFood Bankというシステムがあり,貧困のために日々の食事にもありつけないような人々にいくつかのネットワークを通じて分配している。 あるFood Bank最大のネットワークでは,6月に決算された今年分の寄付された食料品はトータル$75ミリオン(70億円位)にのぼり,これは昨年度の$56ミリオン(50億円位)を大幅に上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(携帯電話の電磁波,宇宙エレベーター)

携帯電話をズボンのポケットに入れ,Blue Toothを用いたハンズフリーの状態のように,通話状態にしておくと,強力な電磁波が男性の生殖能力に影響を与えるとの研究結果が報告された。新たなデバイスが登場すると,それに伴ってまた新たな危険性が発生する。 以前から携帯電話の電波が脳に大きな影響を与え,脳腫瘍の確率が増加する,ということは言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(新型インフルエンザ感染者数)

CDCによると,アメリカでは4月から7月の間で新型インフルエンザに感染した人は,2百万人~6百万人に上っていたとする調査結果を発表した。 CDCがオフィシャルサイトで公表している感染者は,7月末までで約4万人ちょっとであるがこれは医療機関においてそれと認定された事例数であり,実際はその100倍もの人々が感染していたことになり,単純に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(コーヒーの異物混入)

ボストンのハーバード大学での医療研究者が自動販売機でコーヒーを買って飲んだところ,6人が意識不明を含め毒物による汚染を受けていたことが判明した。コーヒーにはアジ化ナトリウムが混入されていたことが分かっている。これは8月に発生したとの事で,大学は現在監視カメラの導入を進めているが,意図的に混入されたものかどうかは不明。 8月に発生してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のアメリカのニュース(青いバラとインフルエンザワクチン)

日本で青いバラが東京他7都府県で11月2日から売られることが決まった,と言うニュースがこちらで報道された。 青いバラ(やや紫がかっているが)は生産量が限られていることから国外で売る予定はなく,値段は一本2,3千円,通常のバラの10倍ととても高価であるとのこと。 このバラはApplauseと呼ばれるそうだ。写真を見る限りでは,もっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のニュース(アメリカの給食費未払い)

アイオワ州の州都であるデモインでは,4500人の生徒が13万ドル分の給食費を滞納しており、前年に比べて倍増していると言う。学校によっては給食を週3日に削減したり,給食費を払えない生徒にはより簡単な昼食(サンドイッチなど)を与えているが,デモインの学校ではそういう生徒だけ目立ってしまうと言う理由で,サンドイッチを与えてはいない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカでのバイアグラ他の薬

こちらではバイアグラは勿論,夫婦生活を促進するような薬(ほとんど男性用だが)のコマーシャルを極めて当たり前のように流している。実際,バイアグラ以外に少なくとも4種類はまだ滞在してからそれ程経っていない私でもテレビでお目にかかっている。 キリスト教徒が多いはずのこの国で,日本よりもよっぽどあからさまに,薬を飲んで頑張って,奥さんを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザ人工説

今週のニュースで,オーストラリアだかどっかの研究者が今回の新型インフルエンザは人工的に作り出されたものがその研究機関から漏れて広がったものだと言う説を唱えている,と言っていた。 確かにこのインフルエンザは遺伝子情報から人,豚,鳥の混合でかつ由来する地域が全然別の所との情報もあるのでそういう説もあり得るが,それを普通のニュースとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ人の新型インフルエンザへの姿勢

USA Todayのネットニュースを見ると,毎日どんどん感染者が増えているアメリカでも,不安は逆に減ってきている。 新型インフルエンザにかかることが不安であると言う人は 4月30日時点で25%,不安がない人は75%だったのに対して,一昨日の時点では前者が17%,後者が83%と不安感が日を追って減ってきている。 新聞等の報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザA型 アメリカ国内感染者数

アメリカにはインフルエンザの管理を行っている機関がありこれをCDC(Centers for Diseace Control and Prevention)と言う。 ここのサイトを見れば,アメリカ国内のどの州で何人のインフルエンザA型感染が確認されたかがわかるようになっている。 それによると,アメリカで最初に新型インフルエンザが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザA型の強さ

こちらでアメリカのニュースのホームページを見ると,今回のインフルエンザの毒性は以前から色んな所で報じられているがmildであろう,という風にあった。弱毒性をmildと言い直す英語がおもしろい。 スペイン風邪で流行った時の強毒性の遺伝子(gene)が欠けているためだそうである。(アメリカにはCDCという政府の衛生機関があり,そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more