アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「法」のブログ記事

みんなの「法」ブログ


アメリカのニュース(タイムズスクエアーでの爆弾テロ未遂)

2010/05/05 09:06
NYタイムズスクエアーで,日産のSUV車に爆弾が仕掛けられ,未遂に終わった事件で,パキスタンから来た米国人が拘束され裁判所にて審理される。

この30歳の男は土曜日の6時頃に発券されたテロ未遂の件でFBIにより月曜日に拘束された。アメリカの監視カメラやネット等でのモニター管理はもの凄いので,こんなに早くつかまったのだろうとは思う。こちらに来て驚くのは,電話が自動的に掛かってくる,あるいはかけると自動音声で応答し,こちらがしゃべる言葉を認識して自動的に振り分けることが相当普及している,と言うことである。裏を返すと電話の盗聴の精度が非常に上がっていて,音声である決められた言葉を発するとその後は自動的にその通話が録音されることになっている,と言う話もうなづける。電話で空港の名前を言うと,自動で判別されてその空港の発着状況が分かるんだからその精度は推して量るべし。

さて話は元に戻るが,月曜日にこの容疑者はJFKからドバイへ飛行機でアメリカを離れようとした際に空港で拘束されたとのこと。2009年の4月にアメリカの市民権を認められたがその際には犯罪歴はなかった。この車は3週間前に知人からこの男が買ったもので,テロ未遂が発見された際にはID番号は取り去られていた。しかしエンジンに同様の識別番号があり,これに基づいて被疑者が特定された。この男は知らない人に売った,と供述しているらしい。

この日は丁度タイムズスクエアーの下の方を夕方車で通っていたが,まだ6時前だったのでそういうことに巻き込まれることはなかった。が,もし巻き込まれると,マンハッタンから出るための橋やトンネルが更にえらい混んでいたに違いない。今後このエリアは開放されはするものの,警官が更に沢山増えたり監視カメラがかなり増えたりするんだろうな。

テロとは科学技術の発展に伴って,そして貧富の差の拡大に伴って,手の付けられない状況が加速する。
宗教の対立による狂信なのか,あるいは宗教を含めた倫理の喪失あるいは多様化による堕落への嫌悪なのか。
恐らく世界的な閉塞感,先行きの暗さがいくばくかの原因になっているのに違いない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(Degital Billboards)

2010/03/24 09:33
Degital Billboardsというものがある。多分日本にもある。
これを禁止する州がアメリカで増えつつある。

要するにデジタル広告用掲示板である。アメリカでは高速道路などの主要幹線道から良く見える所に立っていて,その多くは紙のポスターのようにいつまでも同じ絵だが,Degiltal Billboardsは数秒おきに画が変化する。

なぜ禁止されるか,ドライバーの”気が散る”からである。

明らかに目的自体が,ドライバーの気を引くのだからしょうがない,と言いたい所だが,画が頻繁に変わることでドライバーの注意を長期間に渡って引くことが出来るため,携帯メールと同じように,正常な運転への集中を大きく妨げることになり,事故を誘発するという。

ある調査によると,アメリカで脇見等の注意散漫による自動車事故の死亡者数は約6,000人に上る。これは最新の日本での交通事故死者数とほぼ同じである。
(アメリカでの死亡者総数は3万〜4万人らしい)

アメリカで運転していると,車の混雑が少ない,道路が広い,歩行者や自転車がほぼいない,等の理由で日本に比べて周りをあまり見回さなくても運転が重大な事故を引き起こすことはなく,ある意味では運転しやすいが,逆に言えば注意力散漫が常態化しやすい状況である。そして実際に彼らの運転は注意力がないことが多い。

それでこの国はやって行けるのであれば,それはそれで良いが,多分あまり良くないから,マスコミはこういうニュースを取り上げて,警告を発しているのであろう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(オバマ大統領 医療保険改革案 可決)

2010/03/23 09:54
昨日の夜遅くに,医療保険制度改革案が下院で賛成多数で可決された。 上院では既にこの法案は可決されており,長い道のりを経てきたが,ギリギリの僅差で法案はオバマ大統領の元に送られ,サイン後に実施されることになる。

これによりオバマの指導力は再度評価され,これまで誰もなしえなかった医療改革を達成した歴史的な大統領として,今後の支持率にも良い影響を与えることだろう。

しかしながら今後この法案が実施されてみないと,どの位の恩恵があるのか,どの位のデメリットがあるのか,誰にも分からない状況のようである。
かつて同じように健康保険の全国民への適用を試みようとしたトルーマン大統領の孫ですら,「何かが改革された,だが本当かどうかは誰が分かるのか」と疑問を投げかける。

アメリカ人は一般的に,物事を単純に考えようと言う傾向がある。時にはそれが逆に,物事を複雑にする。
複雑すぎて分かりにくいこの改革の裏に,国民を騙す仕掛けが隠れているのでは,と懐疑的なムードが今の国内には漂っている様に思える。

対抗する共和党は,一人の離脱者も出さず,全会一致でこの法案に反対していた。この状況を国会の運営上今後どう打開して行くのか,やや懸念される所ではある。つまり,秋の中間選挙において共和党への風向きが追い風になることも十分考えられる。

このため,オバマ大統領と民主党はこの後にもいくつかの改革案を議題としてとりあげて行くようであり,これらの内容を明らかにし法案化して行くことで,支持率の改善を狙っていると思われる。

その辺の両党の攻防を含め,これからも選挙に向けた政策の是非のやりとりは,続いて行くようであり,目が離せない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(オバマ大統領 医療保険サミット)

2010/02/25 12:06
オバマ大統領は木曜日に民主党と共和党のリーダーをホワイトハウスに呼んで,医療保険制度の成立に向けた交渉を行う。
これに先立って世論調査を行った所,この協議において状況が打開されると感じているのはアメリカ国民のわずか2割に過ぎないことが分かった。
また,民主党が先に上下院のそれぞれで個別に通過させた法案の一本化による立法化に4割ちょっとの国民は反対していると言う。
これにより国民の負担が税金と言う形で重くなることを不満に感じているためらしい。

自由競争の国アメリカで巨大化した保険会社がその体を維持するために非常に多くの保険料を国民から搾取している。
その辺を改善するための政府による保険会社の設立,については見送られており,これは自由な競争を阻害するため,と言う理由があるものの結局色んな重要な特色をはがされている,と言う意味では日本と似たようなものかもしれない。

最近はオバマ大統領の支持率も落ちて再選すら危ぶまれている状況であり,彼が色々な目標を掲げそれに向かって行く途中で沢山の反対に遭い,戦略に魅力が薄れてくると,人々はそれ見たことかと言って支持することをやめて行くのだろうか。支持率の低下に人種的な差があるのかどうかも知りたいものだ。

明日の結果がどうなるか,結構重要かもしれない。

但しホワイトハウスの権限で,これまで上院で安定多数の60議席から1議席減らした民主党をサポートするため,51議席(過半数)で法案を事実上可決可能な方法を行使する可能性もあるとのこと。これに反対しているのは世論では約半数らしいが,逆に言うと半数はそれでも法案を立法化するべき,と考えているのではないだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のアメリカのニュース(トヨタリコール米政府対応)

2010/02/17 12:35
トヨタのリコールの問題は引き続きニュースに出て来ている。
いくつも繰り返し違うリコールが出てきたので,問題はトーンは大分下がったが沈静化にはまだ向かっていない感じ。

政府側からはトヨタに,このリコールの問題があることをいつどのようにして知ったのかとの質問が出ているとのこと。例えば製造前なのか,製造完了後なのかといったこと。これまでのトヨタの説明では,いくつかのリコールは,リコールとしての条件を満たすほど重大な危険はないが「念のため」無料で改修を行うと言うものであった。

時と場合により,このような安全重視の姿勢は評価される。しかし今回はそのタイミングが悪いかもしれない。
つまり当局から今回の不適合内容については,大分前から指導を受けていたがそれをリコールとして認めず,社会的に大きく取り上げられてから態度を一変させてしまった。そこには当局との取引きや駆け引きもないのではないか。そしてそこから突然「お客様の安全を最優先」と言っても,なかなか受入れられにくい状況がある。

つまり首尾一貫性のなさと,明快なロジックの欠如により,アメリカ人には何が起こっているのか非常にわかりにくいのではないか。

例えば「当局に指導されたので会社側も重大な欠陥であったと認め,リコールを決めた」のであれば,会社内でこの問題がいつ頃から認識されていたのかはあまり重要ではない。なぜなら勿論認識していたが,当局に指導される(強制的に断罪される)まで重大とは認識していなかったからである。
それが,最近までは重大と考えていなかったが,今は(安全を最優先させて)リコールと決めた,という流れは,悪い見方で言えば,今まで重大な欠陥であることが分かっていたが,大きな問題になるまでは隠しておけると考えていただけ,と思われてしまう可能性もある。今回の当局からの質問は,そういう意向が裏にあるのではないか,と勘ぐってしまう。

今後の動向にも注目していきたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(ロシアの自衛地雷)

2010/02/14 02:35
ロシアの中国国境付近に住む農民が,自分の畑のジャガイモを盗まれないように,火薬と塩を詰めた手製の地雷を3つ作り,畑の周りに埋めて自衛したそうだ。この人は73歳にもなってえらい大胆なことをしたもんだが,隣人が土地の境界辺りを散歩していた時に,この地雷が爆発し,塩が飛び散って顔に怪我をしたとのこと。事故であればいい迷惑な話。
このことが明らかになって,当局はこの爺さんに爆発物所持の罪で執行猶予付きの懲役2年6ヶ月の有罪判決を受けたとのこと。
ある意味逞しい爺さんだが,高齢化社会になって,食料を守ってくれる若い人が周りにいなくなったのかなぁ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(娼婦ならぬ初の娼夫誕生)

2010/01/23 09:31
ネバダ州は売春を合法的に許されているアメリカで2州のうちの1つであるが,ここでアメリカで初めて,売春を行う男性が仕事に就いた。
かれはもともとロスでAV男優をしていたが,あらたな収入を求めてこの地にやってきたということらしい。

彼の最初のお仕事は,今週末に予定されているとのことだが,これまでの一連の動きの中で彼自身のことを,市民権運動でバスの白人優先席を譲らなかった黒人の名前を挙げて,それと同じ「パイオニア」だと吹聴するなど物議を醸してきた。今回はインタビューを受けることは禁止されているそうだが,さもありなん。

最初のAV男優の仕事もすぐにやめホームレス同然の生活をしていたが,何百人もの応募者の中から今回経営者のお眼鏡に適って当選したとのこと。

ちなみに料金の方は,これまでの女性が相手の場合1時間で300ドルらしいので,それと同じようなものか。需要の多少によっても変わってくるだろう。
この男性に対して経営者は,ゲイの売春についても彼しだいでは始めるとのことだが,今の所そのような意志はないらしい。

男性には回数に限界があるはずなので,ビジネスとして採算が取れるかという所は興味深い。男性が客なら大体終わるときは同じようなものだが,女性を相手にする場合比較的個人差ができるし,その評判が良くなるのかどうか,結構チャレンジではあるような気がする。
それにしてもアメリカはこんなことまで男女平等に認めさせてしまうのが凄い。でもそんなに能動的な女性がアメリカとは言え,ネバダへ多数繰り出すものなのだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(国際親権裁判)

2009/12/24 07:55
ブラジルの高等裁判所は,2004年に離婚した母親が養育していたアメリカ人男性との間にできた9歳の子供を,母親が亡くなったため今生活しているブラジルから,アメリカの父親に親権を認める判決を下した。離婚した母親はブラジルに帰ってブラジル人と再婚していたが,2008年に亡くなったためアメリカの父親が親権を主張していたらしい。

子供のためを想っているのかいないのか,あるいは自分の欲求に基づいているのかどうか知らないが,ブラジルからアメリカにこの子供は連れて来られるのだろう。周囲環境の変化に戸惑うのではないだろうか。日本人の父親が,中国につれて帰られた子供を日本に連れてくるような感覚に似ているのかもしれないが。

このような話がアメリカでは普通にニュースになるということが興味深い。良かれ悪しかれ親と子の絆が裁判で判断される世の中,それでも家族を重視するアメリカ社会。あるいはその逆か。血が繋がっていなくても一般家庭の人が養子縁組で家族の絆を持ってしまうこの国は,やはり我々の感覚とは違う所は必ずある。その深いところ,裏表が何なのかまでは今の所感じることは出来ないけれど。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のニュース(非番警官の銃威嚇)

2009/12/22 07:37
首都ワシントンDCで近年まれに見る大雪が降り,休日であった土曜日は都市機能が麻痺していた。
そんな中市街地のストリート上で20〜30代の若者が雪合戦をしていたが,非番中の警察官が自分の車に雪玉をぶつけられたことで,彼らにそれをやめさせるため,銃を抜いて威嚇するような仕草を見せたとのこと。

実際その様子はテレビで放映され,この警官は処分保留でデスクワークに置かれているとの事。

非番であり,恐らく警官だからという意識で車をぶつけたわけではないと思うが,車もハマーと格好の標的ではあったのだろう。彼が警官ではなくても怒ったかもしれないが,銃を抜くのはやり過ぎということか。アメリカでも必要以上に銃を抜けば市民に対する威嚇となり違法なことに繋がるのかもしれない。

この件を調査している担当チーフは,雪玉をぶつけられただけでこういったことは起こるべきではない,と話しており多分何らかの処罰は課されるのだろう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のアメリカのニュース(上院での医療保険)

2009/12/16 10:31
コネチカット州出身民主党上院議員のLiebermanは,医療保険改革において保険が適用されていない人々にその適用を受けさせることになれば,法案に反対するとの考えを明らかにした。上院では法案をクリスマスまでに可決したいと考えている民主党議員達ではあるが,そのためには60議席が必要で一人の欠けも許されない状況。そんな中でLiebermanの反対表明はクリティカルなものであり,法案をめぐってやり取りが行われている。
ミズーリ州出身民主党上院議員のMcCaskillも,この法案により国民が負担を増やすのであれば,反対することは当然である,とのコメントを出している。

こういうニュースを呼んでいても負担が増えるのか,減るのか,具体的な仕組みが何も書いていないので,誰にも判断できない感じ。ニュースでもアメリカ人は議論を戦わせる割に物証を上げないので,本当に分かっているのか分からないのか,良く分からない。議会がそんなんじゃー,国民はもっと口頭ベースで仕事や生活を送るのも無理はないか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
本日のニュース(脂肪売買のでっち上げ)
先日伝えられた,ペルーでのギャング団による太った人々を殺害しそこから得られ た脂肪をブラックマーケットに売りさばいている,と言うニュースが警察によるで っち上げだったことが分かった。この件でペルー警察の犯罪捜査部門のトップが首 になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 11:23
本日のアメリカのニュース(ホームレス殺人,公式晩餐会の闖入者)
クリーブランドで殺人,強姦等の罪により男が逮捕された。家には10体の死体や骸骨が発見され,死刑を宣告されると見られている。 この男は1989年に強姦の罪で刑務所に入り懲役15年を服役したが,今回はホームレスなどの孤立したアルコールやドラッグ中毒の女性を餌に家に連れてきて,絞め殺したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 10:28
本日のアメリカのニュース(トカゲ密輸,医療保険上院審議開始)
ロスアンゼルスの入国審査において,十数匹のもがくトカゲを自分の胸に固定して密輸をはかった40歳の男が逮捕された。 ベルトの財布の所にトカゲが押し込んであるのを見付けられたとのこと。およそ8,500ドルの価値を有していたとされる。 アメリカの審査ってかなり適当なので,氷山の一角なんだろうな。基本的に外観で不審かどうか決まる。偉そうな態度じゃないか,おどおどしてないかと言ったことで判断するので,非常に浅い。それ以上は分からんものはしょーがねーじゃん,機械で何とかしてよ。と言うスタンス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/24 10:14
本日のニュース(脂肪,Black Friday)
ペルーのギャング3人が,5人の一般人を殺した罪で逮捕された。殺害の理由は,人の脂肪を入手するためだった,と伝えられている。 最初に逮捕された二人は,バス停で液体の脂肪を入れたボトルを持っていた所で逮捕された。彼らは調べに対し,1ガロン(約4リットル)あり,6万ドルの価値がある,と話しているという。 美容関係では,脂肪を使用することを医療関係者は認めているが,ギャングは被害者の四肢を切断し内臓を除去した上で,脂肪を抽出していたと見られる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/21 10:15
本日のアメリカのニュース(性犯罪者リスト)
ミシガン州の裁判所は男性が,15歳未満の女性と性的な関係にあるという犯罪を犯したと言う理由により性犯罪者のリストに載せられていたが,このリストから外すよう命じた。これはあまりにも非情過ぎる,と言うことのため。 この男性は18歳の時に教師にその写真を見られ,通報されたが,相手の女性とはその後結婚したと言う。 このリストに載ることによりインターネットで閲覧されるため,この男性は就職が出来ずに生活上困難な状況であった模様。 このリストの目的は性犯罪者から一般の市民が脅かされるのを防ぐための... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/06 09:42
本日のアメリカのニュース(西洋化,イタリアの十字架)
アリゾナ州のイラクからの移民が,自分の娘がイラクで結婚したにもかかわらず,アリゾナに戻ってきて新しいボーイフレンドとその母親と一緒に生活を始めたことに腹を立てたと言う。その結果彼は自分の車のジープで娘をひき殺した。 ニュースではこの娘のことをToo Westernizedと表現している。彼女の父親にとっては,このような不道徳の振舞いは許せなかったし世間体もあったのであろう。 ただしそれだからと言ってこちらもWesternizedなのかどうか分からないが,ひき殺すことまではしなくて良いとお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/04 10:39
本日のアメリカのニュース(オバマ大統領と変革)
オバマ大統領は現在医療保険問題において議会と,特に共和党とやりあっており,ノーベル平和賞を受けたことについて,共和党からは何の成果も上げていない,と非難を受けている。 実際の所,チェンジを合言葉に大統領になって半年以上経っているが,目に見えた改革は成し遂げられておらず,変化のスピードも思ったよりゆっくりである様に見える。共和党議員は彼の公約をいちいちチェックし,どれも実行できていないと批判している。 オバマ大統領のスタンスは,理想主義ではなく,現実路線で着実に実行していく路線である。この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/31 08:52
本日のアメリカのニュース(家の中で裸になり逮捕)
バージニア州で29歳のダイバーが,(彼曰く)朝ベッドから出てコーヒーを作りにキッチンへ行ったが,その際に裸であったのを,7歳の子供を学校に連れて行く途中の女性が外から目撃し,地元警察に通報したところ,地元警察は彼を公然わいせつの罪で逮捕し,起訴した。 逮捕された男は,家の中で裸になったのであり,子供に何か変な意図を持っていたわけでは決してない,と主張している。 地元警察は,これまでにも似たような事例が報告されていることからこれを違法なものとして逮捕に踏み切ったとしているが,今のところ報告書も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/24 22:16
本日のアメリカのニュース(人種間の結婚)
ルイジアナ州の法務官が,異人種同士の結婚を認めないとの決定を下した。世論ではこの決定に反論が起こっており,この法務官に対して辞任を要求する声が高まっている。これに対して本人は辞めるつもりはないとコメントしている。 彼いわく,異人種同士の結婚は生まれてくる子供に良い影響を与えない,と言うのが今回の決定の理由とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/20 08:15
本日のアメリカのニュース(愛国心の宣誓)
フロリダ州でThe Pledge of Allegianceを公立の学校で毎日復唱するという州法を制定したが,連邦最高裁はこの妥当性の判断を拒絶した。 The Pledge of Allegianceとは,Wikiによると,アメリカへの忠誠を宣誓するもので,愛国心を育てるような部類のものか。 日本で言うと君が代斉唱問題ということになるが,似たようなことはこちらでもあると言うこと。フロリダの高校で,この復唱を拒否した学生が数学の授業中退席させられ,これを違憲であるとしてこの学生側が上告して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/06 08:47
本日のアメリカのニュース(子供奪還,大学寮連込み)
テネシー州の父親が離婚した奥さんが日本に不法に連れ帰っていた子供二人を連れ戻しに福岡まで行き,登校途中の子供二人を引張ってアメリカ大使館へ駆け込もうとしたところ,大使館側がドアを開けずに日本の警察により拘留されたとのこと。離婚した奥さんはノリコというが,アメリカで親権を父親の方に取られたにも関わらず日本へ連れて帰り,アメリカの警察からは逮捕状が出ていたと言う。 大使館の前まで父親は子供と一緒に車で行き,降りて子供達のパスポートを入手しようと門を開けようとしたが,警察の手によりそれもかなわなか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 08:21
本日のアメリカのニュース(息子をDV,性犯罪前科者)
アメリカで42歳の父親に強姦され続けた22歳の息子(?!)が,父親を殺害して首を切断した上で胴体を分割し,コヨーテに喰わせていた,という罪の判決が下った。 裁判所は父親の行ったことの残酷さを鑑みてか,懲役3年と10年の保護観察処分とした。 この家族には母親もおり,父親を止められなかった様子。息子は悪人ではない,父親がモンスターだった,と述べている。 2重3重に歪んでいる社会や・・・。そういう意味で日本よりもショッキング。多様性を認めすぎた弊害か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 11:30
北アメリカ国境の往来厳格化
6月1日から,アメリカ人がカナダやメキシコへ行く場合,これまでは免許証だけで通れたのを,パスポートなどの身分証明証をもう一つ携帯することが要求されるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/31 07:47
同性愛者の結婚
アメリカではここ1ヶ月くらいで,同性同士の結婚を許可する法律がラッシュで施行されている。毎週どこかの州でこの手のニュースと,男性同士,あるいは女性同士が婚姻届を出して抱き合っている映像が流れている。 日本ではここまでの法律整備は想像できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 06:20
アメリカの道路と速度
アメリカの道はよく言われているように日本に比べて結構広い。 そして日本のように道に沿ってビルや建物など人工的な建造物が地面を埋め尽くしているわけでもなく,開けた場所が殆どであるから今は道路から木々が芽吹いたり花を咲かせていて結構綺麗な風景が広がっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 10:03
麻生内閣 支持率2割切る
麻生内閣の支持率が2割を切ると共に、定額給付金制度に否定的な世論が7割を越えている中で、自民党はこの制度を成立させる姿勢を崩していない。 しかも、多数決で国民の暮らしが決まる「はず」なのに、欲しくないとまで言っているお金を無理やりばら撒くという少数派の意見が今回ほどまかり通ることに理不尽さを感じることはなかったかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 20:17
幸満ちゃん遺棄事件の犯意
9月21日に発生した母親が勤める病院から姿を消し近くで遺体となって発見された女児を殺害した容疑者が12月に入ってようやく逮捕された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/07 23:30
厚生省事務次官殺傷
国会議員は、これまであれだけ社会保険庁の年金行政を攻撃してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/19 22:41
タンクローリー 首都高速 炎上
炎上したタンクローリーの熱で、首都高速はこの区間は数ヶ月封鎖される可能性が出てきたそうで、復旧するのに数億円掛かるとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/04 22:32
竹島問題
日本で言う竹島は、韓国の方では彼らの領土だということらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 23:19
鰻産地偽装
鰻の産地偽装がまた発覚した。やり方が巧妙で,買い手も売り手も癒着していたようだが,そのニュースの中でインタビューされた市場関係者の方が, 「国内産の消費量が,国内で生産している量よりも多く公表されているのだから,誰かが国内産じゃないものを国内産として売っているとしか考えようがない」というようなことを言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 22:33
秋葉原 無差別殺人の書き込み(2)
友達に教えてもらった。閾ペディアに6月3日以降の2000カウント以降があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 08:47
秋葉原無差別殺人 携帯サイトへの書き込み
秋葉原の無差別殺人犯は,(おそらく)こうする事を決めた5月の下旬頃から,携帯でのブログサイトみたいなものを開設し,そこに誰に言うでもなく徹底的に自虐的なコメントを殺人を実行する直前まで,3000件も書き込んでいたそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 22:10
母子殺害判決
これから裁判員制度が始まるという時期だが,傍聴人の希望者が3千人をこえるというのは,野次馬根性なのか義務感に芽生えたのか良く分からないが,関心が高まっているのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/22 21:51

トップへ | みんなの「法」ブログ

NEWS23inステーション 法のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる