テーマ:薬害

薬害肝炎と政府の責任

血液を止血するための薬であるフィブリノゲンにC型肝炎のウイルスが含まれていたため,主に出産に関わった女性とその胎児が,知らぬ間に肝炎となっていた問題について,政府は国としての責任を認め,被害を受けた人々へ一律の救済を行うことを決めたという。 今のところ,患者の方々に支払われる保証費用は,数十億円という単位と考えられる。 これを国会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more