本日のアメリカのニュース(上院での医療保険)

コネチカット州出身民主党上院議員のLiebermanは,医療保険改革において保険が適用されていない人々にその適用を受けさせることになれば,法案に反対するとの考えを明らかにした。上院では法案をクリスマスまでに可決したいと考えている民主党議員達ではあるが,そのためには60議席が必要で一人の欠けも許されない状況。そんな中でLiebermanの反対表明はクリティカルなものであり,法案をめぐってやり取りが行われている。
ミズーリ州出身民主党上院議員のMcCaskillも,この法案により国民が負担を増やすのであれば,反対することは当然である,とのコメントを出している。

こういうニュースを呼んでいても負担が増えるのか,減るのか,具体的な仕組みが何も書いていないので,誰にも判断できない感じ。ニュースでもアメリカ人は議論を戦わせる割に物証を上げないので,本当に分かっているのか分からないのか,良く分からない。議会がそんなんじゃー,国民はもっと口頭ベースで仕事や生活を送るのも無理はないか。