本日のニュース(ロシアの自衛地雷)

ロシアの中国国境付近に住む農民が,自分の畑のジャガイモを盗まれないように,火薬と塩を詰めた手製の地雷を3つ作り,畑の周りに埋めて自衛したそうだ。この人は73歳にもなってえらい大胆なことをしたもんだが,隣人が土地の境界辺りを散歩していた時に,この地雷が爆発し,塩が飛び散って顔に怪我をしたとのこと。事故であればいい迷惑な話。
このことが明らかになって,当局はこの爺さんに爆発物所持の罪で執行猶予付きの懲役2年6ヶ月の有罪判決を受けたとのこと。
ある意味逞しい爺さんだが,高齢化社会になって,食料を守ってくれる若い人が周りにいなくなったのかなぁ。